スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
酒粕酵母でパンを焼く



暖かくなってくると、むくむくヤル気が出てくる「自家製酵母」
今までの自家製酵母作りも、だいたいこの季節にやっていたかなぁ。。。


今回は前々から興味のあった酒粕で作ってみた。



IMGP1540 (1)



写真は酵母液。
できあがるまでに5日ほどかかった。
スタートから2、3日は全く変化がなくて、どうしたものかと思っていたけど
突然ぶくぶくし始めた。
酵母液を作っていて、これが始まるとウキウキしちゃうんです♪


で、酵母液と粉を混ぜていよいよパン種作り。




IMGP1566 (1)



今回は全粒粉で作ってみた。
かけ継ぎ→寝かし、かけ継ぎ→寝かしを3回繰り返し
計4日で完成〜♪




IMGP1568 (1)


「命」を感じるね。

いよいよパン作り^^*





IMGP1577 (1)



やっぱり始めはシンプルなまるパン。

ほんのりチーズのような香り。
味は、あこ酵母やホシノ酵母のような風味はなく
粉の味が全面に出てる。

発酵力が強くて、良い感じの窯伸び。





IMGP1581 (1)


ベーグル。


ベーグルは「コレ!」というレシピができていなくて迷走中だけど
今回のは自分の好みに近いモノができた。





IMGP1587 (1)


もうちょいむぎゅむぎゅしてて欲しい。
味は良いから、あとは食感だな。



自家製酵母は、まだ経験値が浅くて
「これで良いの?」「大丈夫?」と「?」マークばかりだけど
自分で作った酵母でパンが焼けたときの感動といったらもぉ〜、ハンパ無いのですよ。


さて、今度は何作ろうかな♪













関連記事
スポンサーサイト
03/28 23:39 | 酵母 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://coyote926.blog.fc2.com/tb.php/810-c3919a9d
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 coyote All Rights Reserved
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。