スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
「HERBAL NOTE simples」 に行ってきました。


前回の投稿で、長野県のパン屋さん「わざわざ」にわざわざ行ってきたと書きました。
その時の記事はコチラ→


長野まで行ったんだからと、ずっと行きたかったこちらのお店にも行ってきました。

※写真多いです(笑)



P1070777 (1)


蓼科にある「HERBAL NOTE simples




こちらの店主の萩尾エリ子さんの著書「香りの扉、草の椅子」を読んで
すっかり魅了されてしまい、いつか行きたいという願いが思いのほか早く叶ったのでした♪





P1070757 (1)


お店の外観。
「香りの扉、草の椅子」は、写真が沢山載っていて
そのままの景色が目の前に!と大興奮。

草がわさわさ生えてますが、どれもハーブだと思われます。





P1070758 (1)


お店の裏はハーブの庭。

こんなに草が生えているのに、全然蚊がいない!
ハーブの力!
蚊に刺されやすい旦那サンが感激してました(笑)




P1070759 (1)


入り口。

入り口のところに置いてある試飲のハーブティーがあまりにも美味しくて、美味しくて♪
暑さなんていっぺんに飛んでしまうほど。

といっても、お店の中はクーラーなしでもとても涼しいのです。




P1070760 (1)


本の中で、よくお客さんに「このお店の香りが欲しいのですが...」と聞かれると書いてあって
その聞きたくなる気持ち解るほど、店内は本当に優しい香りに包まれてます。
萩尾さんは、長年、色んな香りが混ざってできた香りだとおっしゃってました。





P1070761 (1)


雑貨を見ていたら、萩尾リエ子さんに声をかけられました。
私より結構歳が上だと思うのですが(確か、お孫さんがいるぐらいなので)
肌がつるつるで、とっても美しい。
声も私が想像していた通りで、思い描いていたそのままでした。
私もこんなふうに歳をとりたい。。。



ここからは写真をお楽しみください♪



P1070764 (1)



P1070765 (1)



P1070767 (1)



P1070768 (1)



P1070776 (1)



P1070769 (1)



P1070772 (1)



P1070763 (1)



P1070779 (1)



言葉では言い表せない程、美しいお店です。
そして、ここのハーブティーがとっても美味しくて
飲むと本当にリラックスできるのです。


「香りの扉、草の椅子」を読んで、ここでの生活は実は大変なことだと知っていても
それでも憧れてしまう。




「できるだけ」から始めること
簡素であること
自然であること
自然のサイクルで生きられること
心と身体を使って考え行動したいと思うこと
優しい、柔らかな場所を育てること




少しでも、今の自分の生活が近づけたらと思う。


いつか、また行こう。








スポンサーサイト
08/06 20:11 | お店 | CM:0 | TB:0
長野県「わざわざ」に行ってきました。



P1070730 (1)


先日、長野県にあるパン屋さん「わざわざ」に行ってきました。

いつか行きたいなぁと思っていたところ
旦那サンの「行こうよ!」の一言で、あッという間に計画がたったのでした。







P1070727 (1)



店名の「わざわざ」は、わざわざ来てくれてありがとう、の「わざわざ」





P1070729 (1)


お店の前はこんな感じ。
本当に周りは何もない。
隣にも前にも家もないのです。
たまたま通りかかったらお店があった、という偶然も考えられない。
本当に「わざわざ」来ないといけないパン屋さんなのです。

それでも、日曜日だったこの日は開店待ちのお客さんが続々とやってくる。




P1070734 (1)


薪釜でパンを焼いているため、外には煙突。





P1070745 (1)


「わざわざ」のパンは3種類のみ。
こちらは「みまきカンパーニュ」




P1070747 (1)


「みまきカレンツ」





P1070748 (1)


端っこの「角食」
で、その角食とカンパで作ったサンドイッチ。




P1070743 (1)

「全粒スコーン」




お菓子も2、3種類と少なく、とりあえずほとんどの商品を買ってきた。
だって、わざわざ行ったんだもの(笑)買うでしょ。


パンもお菓子もしっかり素材の味が生かされていて
期待通りの味でした♪
わざわざ行った甲斐がありました(しつこい?w)





P1070738 (1)


この窓から見える田んぼの緑がキラキラ眩しかった。

エアコンなしの店内を風が通り抜けるのです。






P1070752 (1)



店主の選りすぐりの雑貨も並ぶ店内。

写っているのは息子です(笑)






P1070751 (1)



都会に住んでると、いろんな物が溢れてて
本当に良いものがよくわからなくなって
色んな感覚が麻痺した状態になってるなぁって「わざわざ」に行って感じました。

相変わらず上手く言葉に表せないんだけど
自分自身気付きがあったのは確実です。



「わざわざ」にわざわざ行って良かったなぁ♪



















08/05 21:46 | お店 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 coyote All Rights Reserved
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。